音楽の話題を中心に、時々更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
すぎやん
僕のオケの原点の一つは間違いなくドラクエなんですが、ロンドンフィルの収録した「映像付き」ドラクエ4の演奏があることを最近知りました。以下youtubeの映像です。
すぎやま先生お若いです(笑)

1「Overture」(序曲)
3「Comrades」(フィールドメドレー)
5「Homeland?Wagon Wheel's March」(第5章フィールド)
10「Battle for the glory」(戦闘曲メドレー)
11「The End」(エンディング)

勢いだけで演奏してるくさいですが(笑)やっぱりオケは良いですね。
何がすごいかって、ファミコンの音源の時点で曲そのものは「完成」していることです。ファミコンの音源で作りながらも、オケの音が頭の中では鳴っていたんでしょうね。すぎやま先生のオーケストレーションってある種のツボを付いている感じで、わかりやすく非常に聴き応えがあるように思います。戦闘の曲なんかも、4は独特のリズムで作られていて本当にかっこいいと思うんですが、いわゆる「RPGのかっこいいバトル曲」とは一線を画した迫力があります。

スポンサーサイト
新曲
もはや月記ですら無いです(笑)

四ヶ月ぶり(そんなに経っていたとは・・)にEWに一曲投稿してきました。

「幻想舞曲」

オケものじゃない曲は久しぶりだったんですね。今回の曲は自分でも割と気に入ってます。
近況
ご無沙汰しております。なんとなくブログのタイトルを変えてみました。
最近はまたまたEWに行くこともできず、申し訳ない限りです。コメントしたい曲はたくさんあるんですが・・。

歌を書く機会を頂きました。チャリティCDがきっかけで声をかけて頂いたのですが、椎野暁さんという方です。
とても素敵な声の持ち主なので、是非HPから聴いてみてください。

ずっと書きたいと思っていた歌。やっぱり、自分らしい曲になりそうです。でも、良い曲が書けそうです。



最近は聴いたことの無い曲を中心に、いろいろな曲を聴いています。熱狂の日で初めて聴いていいなと思ったのは、コダーイの「ガランタ舞曲」。小沢征爾/シカゴ響のCDを先日聴いたのですが、なんだかんだ言ってやっぱり小沢さんは凄い人だと思いました。
基本的に学校でCDをかりることが多いのですが、ショーソンの「詩曲」、フランクのヴァイオリン・ソナタなんかも良いですね。

聴いていて涙を流したのは、エルガー「交響曲第一番」。多分マイナーな曲だと思うんですけど、これは良いです。終楽章で涙がポロポロと・・CDでも泣けるんだなと思いました(笑)借りて聴いたのは今は亡きシノーポリ/フィルハーモニア管のものなんですが、廃盤らしくCDが手に入りません。

あとは最近急激に愛着が増しているのは、モーツァルトでしょうか。ここまで好きになるとは思っても見ませんでした。39番なんか良いですね。41番の終楽章のフーガは、何回聴いても涙ぐんでしまいます。

とりとめもなく書き連ねてしまいましたが、今日はこんな感じで。
残った・・
DTM作曲コンテストの第一次選考を突破することができました。なんというかもう、無上の喜びです(笑)

賞とかはどうでもよいのですが、自分が作曲に手を染めるきっかけとなった憧れの音楽家の方に曲を聴いてもらえて、それなりに評価して頂けたというのが本当に嬉しいです。参加して良かった(笑)


一つ宣伝です。
「ReliefSoundsProject」(チャリティCD企画)の5thアルバムが発売されました。今回は「Leben」のアレンジバージョンで参加させて頂いています。収益は各支援団体に寄付されます。
マジか
審査員に光田康典氏ら豪華顔ぶれ(DTM作曲コンテスト)

これはすごい・・。光田さんは最近聴かなくなってしまいましたが、中高生の頃の僕にとって憧れの存在でした。その人にもしかしたら、自分の曲を聴いてもらえるかもしれない・・これは応募しない手はありません。ちなみにwikipediaによると、ff5の飛竜の声を作ったのはこの人らしいです(笑)

黒田英明さんは、Aileさん名義でEWにも投稿されています。普通にコメントのやり取りをしていたことを考えると、何だか恐ろしくなります(笑)

遅筆ではありますが、過去の曲でも大丈夫みたいなので、各部門にエントリーしてみようかな・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。