FC2ブログ
音楽の話題を中心に、時々更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
世界の音楽
ベスト・ワールド・サウンズ100というCDを買ってみました。ちょうど山野のポイントが溜まっていたのでタダ。ラッキーです。
「ベスト・クラシック100」というクラシックがハイライトで100曲入ったCDがありますが、あれの民族音楽版です。様々な国の代表的な民族音楽が各国2~5,6曲ずつ。全部で100曲ですよ。もうウハウハです(何が)
「神技のジプシー・ヴァイオリン」とか「シタールの神技」、「超絶のコギリ」などの凄いタイトルのものもありますが、決して大げさではありません。やばいです。特にヴァイオリンは是非弾いてる所を見てみたい。

しかし、これは良い資料を手に入れました。世界にどんな音楽が存在するのか知るにはもってこいですし、これからCDを買う参考にもなりそうです。
アレンジの幅も広がりますし、創作意欲が湧きますね。大いにパクリ参考にします。
スポンサーサイト
更新頻度が・・
やばいですね。サボリがデフォルトになってしまってます。
こんなことではいけません。
そういうことで、誰もが(僕も)忘れていた「今日のBGM」を久々に。「週一更新のコンテンツにする」とか言ってたのは、どこの誰でしょう(笑)

<今日のBGM>
アルバム「LANDMARKS」/クラナド
アイルランドのグループです。同名のゲームがあるようですが、関係ありません(笑)以前から興味はあったのですが、最近初めてCDを買いました。
数あるアルバムの中からどれが良いかわからなかったので、とりあえずグラミー賞を受賞したというこのアルバムから聴いてみることにしたのですが、これが大当たり。もろツボです。お気に入りアーティストが増えるというのは幸せなことですね。しかも1890円でこの内容ですから、こんなに良い買い物はないです。
クラナドは初期がトラッド色の強い作品、中期はポップス、そして最近ではニューエイジと言われているようですが(ニューエイジってなんなのかよくわかりませんが)、このアルバムはトラッドの良さ、洋楽ポップスの良さを程よくブレンドしたものになっています。
3曲目「A MHUIRNIN O」のノリ、4曲目「OF THIS LAND」のモイア・ブレナン(エンヤの姉)の美しいボーカルと泣きのイーリアンパイプが最高です。ケルトの女性ボーカルは美しい声の人が多いな~と思います。

夢の中
昼前についウトウトと眠ってしまったのですが、そのとき夢をみました。
夢の中で僕はシンガーソングライターをいじっていました。作曲していたのです。
流れているメロディを聴きながら「これはバグパイプに音色を変更した方がいい」と思い音色を変更したところ、見事にフィット。
やった、これはいい曲が作れそうだ!と思ったところで目がさめるというやけに虚しい夢でした。メロディがオリジナルだったか聴いたことのあるものだったかは定かではありません。
まぁでも、浮かんだメロディを忘れるというのはよくあることです。すぐにメモするなり打ち込むなりしないと、たいていの場合は忘れるか原形をとどめていなかったりします。忘れてしまったときの口惜しさといったらありません。

そんな僕がよくメロディやアイデアを思いつく場所は圧倒的に風呂。次いでトイレです。良いアイデアが思いつかないと頭を抱えて考え込みがちですが、重要なのはリラックスすることかもしれません。
野球日本代表、世界一/作曲家、宮川泰さん急死
WBCで野球日本代表がキューバを破り、世界一に輝きました。
今大会は見切り発車で開催された印象が強く、野球好きの僕でさえ「本当に盛り上がるのか」という疑問を抱いていました。
実際1次リーグはそれほど注目されていなかったと思うのですが、雰囲気が変わり始めたのは米審判による誤審、そしてメキシコの勝利による”奇跡の”日本準決勝進出などがあった辺りからです。
韓国戦、キューバ戦ともに瞬間最高視聴率は50%を超え、「低下した」といわれる日本の野球人気も未だ健在であることを示しました。この2試合は忘れられないものになると思います。

王監督の胴上げは、昨年のプレーオフ敗退における王監督の無念の表情が印象的だったため、いっそう感慨深いものがありました。

そしてもう一つ、選手ではないのですが、WBCに関連して「こういう生き方もあるんだな」と思わせてくれるエピソードが一つあります。98年夏の甲子園、松坂と投げ合ったPLの元エース、上重アナに関する記事です。

今回のWBC、総合的に見たら成功と言っていいと思います。次回開催は3年後。今回の課題を元に、しっかりとした運営のもと素晴らしい大会に育っていくことを願っています。



そしてもう一つ、こちらは残念なニュースですが、作曲家、宮川泰さんが亡くなられました。昨年の紅白で「蛍の光」を指揮する姿を見たのが最後でした。
あまりにも突然のことなのでショックです。「メロディーのきれいな息の長い曲を」のモットーの通り、宮川さん亡き後も、彼の音楽は未来に息づくことと思います。
野球日本代表、準決勝進出
いや~ホントにまさかです。WBCももう終わりか・・と思っていましたがメキシコが頑張りましたね。楽しみが続きます。

ところで、秋野さんから漢字バトンというのが回ってきたので答えて見ます。

[1]好きな漢字
「和」
「平和」「和む」「和風」など、優しく温かいイメージを感じます。

[2]前の人が答えた漢字に対して自分の持つイメージは?
「広」
これはとても嬉しいですね。視覚的イメージとしても「広い」というのは好きですし、「心が広くありたい」という人間的に目指す部分でもあります。

[3]大切にしたい漢字
「雅」
この字を僕にくれた両親には本当に感謝しています。

[4]漢字の事をどう思う?
たった一つの文字が意味を持ち、イメージを喚起させるというのはすごいことだと思います。

[5]最後に貴方が好きな四字熟語を三つ
日進月歩、一期一会、波紋疾走

[6]バトンを回す七人とその人をイメージする漢字
バトンを回すというか、この人にはこの漢字を当てたいというのを書いてみたいと思います。

makotoさん
「真」
EWでのコメントの付け方や作曲、打ち込みに対する姿勢に「真心」「真摯さ」「真面目さ」を感じます。

iwaoさん
「癒」
ブログやメッセ、BBSに付けて頂いているコメントには、いつも癒されております。

gratinさん
「煌」
エネルギッシュ、スタイリッシュな音楽のもつ力に、煌きを感じます。

yebisuさん
「陽」
人柄や言葉の端々に人に対する気遣いや思いやり、温かさが感じられます。
連絡
14日まで返信、更新ともにできませんのでご了承ください~。
トンデモ小説なんだろうか
「戦国の長嶋巨人軍」という本があるそうです。戦国自衛隊のパロディみたいなものでしょうか。著者は志茂田景樹。しもだかげき。ああ、あの人か。
なんとなくゲームの「デスクリムゾン」とかと同じ匂いを感じるのですが(<直木賞作家に対して失礼)
その本のAmazonのレビューに、こんな一文が。

柴田勝家にホームランを打たれる槙原

よ・・・読みたい!好奇心がツンツン刺激される・・・どうしても読んでやりたくなるじゃあないか!
やはり季節の変わり目だからか?
最近なんだか気分の浮き沈みが激しいです^^;

WBC、韓国に負けてしまいましたね。多くのメジャー選手を擁する韓国代表、さすがの強さです。
まぁ予選通過はもう決まっていますし、元ロッテ(現巨人)のイ・スンヨプの逆転ホームランは正直ちょっと嬉しかったです^^;

今日海浜幕張駅を電車で通ったら、発車ベルがマリーンズのテーマソングでした。こんなところに、小さな幸せ。
メガネ
メガネを新調しようと思ってます。
普段はコンタクトをつけてますが、どうしても面倒な時があるので。

メガネって時間にして25分~、金額はレンズ、フレーム合わせて一万円以下で作れちゃうんですね。
中学時代に作った時は、眼科で検診→メガネ店でフレーム選び→数日後お渡しで価格は2万、という感じだったと思うんですが、随分お手軽になったものです。
2006年姫路の旅 その⑦
久し振りの更新になってしまいました。
そろそろいい加減に終われという感じになってきましたので(笑)ようやく完結編を。

今回の姫路の旅は非常に充実したものでした。普段できないような体験が旅にはたくさん詰まっていて、僕にとって大きな財産になったと思います。

姫路城は本当に素晴らしい城です。世界遺産の魅力というものを肌で感じることができます。
この感動はなかなか味わえるものではありません。
そして、世界の文化遺産・自然遺産を見たいと思うようになりました。新しい夢の一つです。

あれ、なんだか小中学生の作文にみたいになってしまった(笑)
最後に写真をアップしようと思ったのですが、残念ながら重くて無理でした・・^^;

最後に一言、「感動をありがとう、姫路城」

(夕日をバックに)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。