FC2ブログ
音楽の話題を中心に、時々更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
夜も夜中に
youtubeでなんとなく検索してたところ、カラヤンのベートーヴェン7番(フルVer.)を発見。

http://www.youtube.com/watch?v=s8eigkwmMEo

かっこえぇ・・。オケの演奏も素晴らしいです。


こちらは第九の第四楽章。ライブは拍手と「ブラボー!」まで含めて音楽だという気がします。
http://www.youtube.com/watch?v=d2UgkAYV2yQ
http://www.youtube.com/watch?v=WwcciAPOhjA

http://www.youtube.com/watch?v=Mu_pa9CXq4o

次いでに、
ヘルベルト・フォン・カラヤン-Wikipedia-より

映像収録の際はベルリン・フィルの団員達も音と映像を別撮りしたため、撮影が困難になり、ハゲの団員にはカツラまでかぶせられた

これ本当だろうか(笑)






オマケ
フィンランディア/シベリウス 演奏/マリオペイントオーケストラ
今にして思えば、このソフトが僕のDTMの原点か。
スポンサーサイト
お気に入りクラシック #2
そんな企画あったんだ、という感じですが(笑)約半年ぶりの更新。
最近よく聴くクラシックはこんな感じです、みたいなのをつらつらと書いていくだけなので、読む人はそんなに面白くないかもしれません(笑)

シューマン/交響曲第一番<春>
初っ端から季節外れの曲ですが^^;最近ちゃんと聴いたんですが、この曲はとても楽しくて、かっこいい曲ですね。全楽章通して聴き所満載です。よく言われることですが、シューマンってオーケストレーションがそんなに下手なんでしょうか。

ベートーヴェン/交響曲第五番、第七番、第九番
1、2、4番は聴いたこと無いのですが、ベートーヴェンの交響曲の中ではやっぱりこの三曲が好きです。一番好きなのは七番でしょうか。疲れたときに第四楽章を聴くと元気になります(笑)ベートーヴェンもまさか作曲した200年後に、異国のテレビドラマの主題曲になるとは思いもしなかったことでしょう。
九番はちょうど東フィルの演奏を昨日聴いてきたんですが、なんだか別次元の音楽という気がします。特に第四楽章は何回聴いても涙ぐんでしまう、圧倒的なパワーを持ってます。ちなみに昨日の演奏会では父がアマチュア合唱のバスで参加、ベートーヴェン好きな父の長年の夢がかなったようで、僕も嬉しいです(笑)

チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲
フィギュアスケートの高橋大輔が使用したそうなので、有名になるんではないかと思います。
これも今年演奏会で聴く機会があったんですが、良いですねー。ヴァイオリンソロも良いんですけど、第一楽章、オーケストラで奏でられる雄大な主題にぐっときます。

シベリウス/ヴァイオリン協奏曲
学校の図書館にAVブースという場所があってそこで聴いたんですが、それではまりました。冒頭を聴いた瞬間、「出会った!」と直感しました(笑)その後購入したCDは一番とのカップリングで、
ソリストはミリアム・フリードだったのですがいまいち気に入らず。学校で聴いたのはチョン・キョンファのソロで、そのCDも見つけたので購入。非常に力強い演奏です。
ついに
MACへ移行しました。
同時にLogic Express、MOTU Symphonic instrument、MIDIキーボード導入。Ethno instrumentも欲しかったのですが、さすがに予算続かずorz。

しかし、本当に速くて驚きます。win98からの移行なので、当たり前といえば当たり前ですが・・。やや変換がWINより弱かったりするのは不満ですが、それ以外は特に問題もなく快適です。

とりあえず、キーボードで思うままに弾いてるだけでも楽しいです。特に、チェンバロやパイプオルガンを弾くのは最高です(笑)

まずは音源とDAWの練習に、クラシックをスコアから抜粋で打ち込んでみようかと思ってます。
久しぶりのヒット
一週間前の日記で、僕はこんなこと書いてるんですね。

"ついでに今話題の「のだめカンタービレ」を(今更)買ってみました。なかなか面白いです。"

これは1、2巻を読んだ上での感想でした。あれから一週間、現在8巻まで一気読み。ほぼ毎日買ってるペースですね。そしておそらく、明日9巻を買うでしょう(笑)ちなみにドラマは時間が無くて見ていません・・。

いや、これは面白い!漫画にこれだけはまったのは久しぶりです。
確かにかなり笑えるんですが、それだけではこれだけのクラシックブームは起こせなかったと思います。
演奏シーンの見せ方がうまいんです。どこがどう、というのは言えないんですが、その曲を聴いてみたくなる何かがあります。曲もベートーヴェンの7番、3番<英雄>、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、チャイコフスキーの6番<悲愴>といったメジャーな曲から、ドヴォルザークの5番という非常にマイナーな曲まで幅広く出てきます。

そしてもう一つ大切なことは、登場人物がそれぞれひたむきに、真摯に音楽と向き合っていること。この漫画が最も僕の心を掴んだのは、これです。
少しもやもやしかけていた自分の音楽に対する気持ちを、この漫画は笑いと共に吹飛ばしてくれた、そんな気がしています。

これからクラシックを聴いてみようという方には、どんな入門書よりも、まずこの「のだめカンタービレ」をお勧めしたいです。単純に漫画としても面白いので、是非。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。