FC2ブログ
音楽の話題を中心に、時々更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
偉大な日本人ヴァイオリニスト
安永徹-Wikipedia-

友達がドイツでの短期留学中、ベルリン・フィルの演奏を聴いてきたのですが、その時の話で日本人がコンサートマスターを務めていることを初めて知りました。
世界最高のオーケストラの一つであるベルリン・フィル。奏者として入団するだけでも並大抵のことではないのに、そのコンサートマスターに就任するのは本当に素晴らしいことだと思います。

うちのオケの指揮者の先生が、飲み会の席で一年生に「コンサートミストレス(うちのオケは女性なので)がオケでは一番偉いんだよ」「先生よりもですか?」「うん」と仰ってたのを思い出しました。
お酒が入っていたので半分は冗談だったかもしれませんが、コンサートマスターはその名のとおり確実に演奏を先導する役割を担っています。練習中も「何か合ったらコンミスを見る」というのもよく言われますし、色々なオケの映像を見てもコンサートマスターはかなり大きく動いて、その動きがオケ全体に伝わるようにして演奏しています。

ベルリン・フィルのコンサートマスターを20年以上務められている安永さん。カラヤンやクラウディオ・アバド、サイモン・ラトルといった偉大な指揮者と共にいくつもの名演を残してきた彼は、間違いなく日本の誇りだと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。